*

ピアノの姿勢ってとっても大切!

公開日: : 最終更新日:2017/11/01 イタリア音大先生のピアノ記事

ピアノを弾く正しい姿勢はあるのでしょうか? 普通に引いている分には問題ないのですが、ピアノが上手になってくると姿勢はとっても大切みたいです!

 

その理由は、音階が広がって弾く範囲が広くなるからです!

 

そして、正しい姿勢とは何か? イタリアの音楽大学で音楽教師をする先生にそのヒントを伺いました!

 

腕の高さ、椅子の高さ、そして足の位置など詳しく書かれていますので、ピアノが上手になって聞く人を喜ばせたいあなたはぜひ、最後まで読んでくださいね。

スポンサーリンク

ピアノの姿勢ってとっても大切!

ピアノに座る姿勢について考えたことはありますか?これは、子供も大人も共通する事なのですが、ピアノの演奏にとても大きな影響を与えます。

 

まず、チェックしたいポイントを箇条書きいたします。

 

・アノとの距離感。離れすぎず、引っ付きていないか。

・ピアノの椅子の高さは適当ですか?

・足の位置は正しいですか?

・猫背になっていませんか?

 

では、ピアノとの距離感についてまずお話をします。

 

このピアノとの距離感は、腕をフルに使って左手も、右手も広範囲で使える位置でないといけません。

 

初心者が引く曲は、特に中央のドのあたりが多いので多少近くても引けてしまうのですが、ピアノとの距離が近すぎると両肘が、胴体にあたってしまいブロックがかかってしまうのです。

 

曲が難しくなってくるとスケールを弾いたり、音程の跳躍などピアノの鍵盤を隅から隅まで使います。

 

今の段階では、ピアノ全体を弾かないから大丈夫だと思わず、早い段階で直したいクセです。

 

ピアノを弾くときの座る位置は、少し違うだけで大きな違和感を感じさせます。早い段階で距離感をただしておきましょう。

スポンサーリンク

正しいピアノを弾く姿勢とは?

なかなか文章では言い表しにくいのですが、程よくひじを伸ばし、大きな大木を抱くようなイメージです。肘はまっすぐにならず、少し外側に自然と曲がるような雰囲気になります。

 

椅子の高さはご自宅のピアノはきっちりと調整されていると思うのですが、レッスンなどでいろいろな人が弾く時には特に注意しましょう。

 

レッスンを始める前にきっちりとピアノの椅子の高さを調節しましょう。

 

レッスンに行くと普段よりも少し実力が落ちてしまうと思っている方は椅子の高さによる違和感の場合もあります。

 

また、小さなお子様の場合成長に合わせて椅子の高さを調節してあげてくださいね!子供は、地面に足がつかないと思うので、肩が上がりすぎていないか見ながら調節してあげて下さい。

 

足の位置もとても大切なんです。

 

時々足を椅子の足の後ろに収める肩もいますが、ペダルを意識した位置に初めから置いておくことをおすすめします。

 

また、足はペダル以外にピアノの演奏にあまり関係がないように思われがちですが、ピアノの演奏を左右する大切な要素です。

 

足はしっかりと上半身の体重を乗せれる位置を意識しておきましょう。

 

そうすることでフォルテをするときに上半身の体重をしっかりとかけることができて身体を使って演奏できるようになります。

 

猫背も早い段階で直してくださいね。

 

一生懸命に楽譜を見ていると少し前かがみになり、猫背になってしまう人がいますが、こちらもピアノの演奏をするときのじゃまをしてしまいます。

 

ピアニストの演奏を聴きに行ったことがある方は、どのように弾いているか想像できると思います。

 

上半身を時にはそらしたり、揺らしたりしながらピアニストは弾いていませんか?それは、ただ音楽のリズムに乗っているのではなく、表現をするために腕だけでなく体全体を使って、タッチを操作しているんですよ。

 

フォルテやフォルティッシモの時は、上半身の体重を鍵盤に乗せます。その為には、足が踏ん張れていないと不可能なんです。

 

特にピアノやピアニッシモの時は、毎回が勝負です。

 

腕の力や上半身をちょうどよく緊張感とリラックスさせて、ピアノを触らないといけません。この時も上半身を使っているからこそできるのです。

 

足の位置は、ペダルを踏むのと同時に上半身の体重を支えていることを忘れないでくださいね!椅子に座るときは、お尻をずっしりと椅子に乗せてしまわないようにいつでも立てるような状態で軽く腰かけてください!

 

ピアノの姿勢がいいのは、聴衆にも良い印象を与えます。それは、外見の美しさもありますが、ピアノのテクニックを助ける大切な要素の一つでもあるんですよ。

 

今日から姿勢にも気を付けてレッスンしてみてくださいね。

 

イタリア音楽大学のピアノの先生の記事一覧はこちら

 

関連記事:イタリアは「音楽理論」のレッスンが一般的に普及している 

関連記事:イタリアと日本の比較!ピアノコンサートで集客するための方法! 

関連記事:イタリアのクラシックコンサート事情とは? 

スポンサーリンク

 

 

 

関連記事

ピアノの表現力を出す方法は?上手にピアノを弾くコツ!

ピアノの表現力を出すコツはあるのでしょうか? 表現力を出す方法は? もっとピアノをうまく弾くコツがあ

記事を読む

音楽大学でピアノ科の人は「イタリアはいかがですか?」

日本のピアノを習っている音大の学生!将来が不安だと思っていませんか?   実はイタリア

記事を読む

イタリアのクラシックコンサート事情とは?

イタリアのクラシックコンサートの事情とはなんでしょうか? イタリアと言えばヨーロッパの本場ですよね。

記事を読む

アラベスクのドビュッシーの難易度は?ピアノで弾くコツは?

アラベスクのドビュッシーをピアノで弾くことは難しいでしょうか? ぼくもいつか弾いてみたいと思う優しい

記事を読む

パッヘルベルのカノンをピアノで弾くコツ!楽譜選びが大事!

パッヘルベルのカノンをピアノで弾くコツはあるのでしょうか?   とてもきれいなゆったり

記事を読む

音楽大学で声楽を勉強するなら語学は必須!

声楽の人は将来ピアノに進むかオペラに進むかですよね!もし今、音楽大学で声楽を学んでおり、将来オペラ歌

記事を読む

イタリア人とコンサートをする時はトラブルいっぱい!?

イタリアに住んでいてイタリア人からのコンサートのオファーもあるのですが、イタリアにいる特に日本人(イ

記事を読む

イタリアのピアノシティ2017旅行のご案内!見所とおすすめは?

ミラノが音楽に溢れる日「ピアノシティ2017」旅行のご案内と見所!おすすめも   毎年

記事を読む

イタリアでブームは古典派音楽!?

以前、イタリアでは近代音楽のコンサートを盛んにおこなわれていて音楽の新しい発展を肌で感じる事ができる

記事を読む

幻想即興曲/ショパンの解説!難易度は高くないけど慣れるまでが!

幻想即興曲のショパンの曲を弾きたい!けど難易度が気になる!そんなあなたの為にイタリア音大のピアノの先

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピアノのブラインドタッチの練習方法!楽譜を見ながら弾ける!

ピアノ演奏で楽譜を見ながら弾けない。間違えた音を弾いてしまう。 &n

他人のピアノ演奏が気になる場合!自分軸を作ると幸せになる!

ピアノ演奏をしていると他人の演奏が気になりませんか?  

婚活と恋活の違いとは?結婚したい人は必見!?

婚活と恋活の違いとは?何か?   私自身このお話を知って

音符の覚え方!ヘ音記号のドレミファソラシドの暗記も簡単!

ピアノの音符が覚えられない!   ドレミファソラシドのト

ピアノのシャープ♯とフラット♭の意味と使い分けと覚え方!

ピアノの楽譜にはシャープ♯とフラット♭が出てきますが、覚えられています

→もっと見る


  • 管理人のおかのです。
    小さい頃、ピアノを習っており、大人になってからまた習いたいなと思ってピアノ教室に通いはじめました。まだまだ下手ですがいろいろピアノ教室で習った曲を動画に撮るのが好きです。

    よろしくお願いします。
    プロフィール詳細
PAGE TOP ↑