ピアノは音色がとても好きですが、練習も好きです。趣味でユーチューブとブログをやっているのでそちらの知識も公開していきます。

ピアノとアフィリエイトをこよなく愛するブログ!

ピアノ好きのお兄さんの記事

ピアノは脳にいい理由!ピアノを弾いて健康になろう♪

更新日:

ピアノは脳にいいと言われますよね。指を動かし、楽譜をみて考えて弾く。

 

そして音楽は耳から聞こえる!

 

ピアノは大きな運動ではありませんが、意外と体全体を使いペダルもあって足も使うので脳や健康にもいいと思います。

スポンサーリンク

ピアノは脳にいい理由!ピアノを弾いて健康になろう♪

ピアノ演奏する男性の画像

人間の脳には数十兆ともいわれる膨大な数の神経細胞が詰まっています。

 

その細胞間の情報伝達の役割を果たすのがシナプスという情報伝達物質です。

 

シナプスは信号を送り続けることによって太く強化されます。

 

逆に使われないと細くなり最終的には細胞が死んでしまいます。

 

老化や脳血管障害などによって神経細胞が破壊されたりシナプスの働きが弱くなってしまうと、ネットワークが切れてしまい脳の情報伝達機能が失われていきます。

 

これが原因で脳の機能、覚えることや判断することが出来なくなってしまうことが認知症のシステムとなります。

 

ただ年齢を重ねてもシナプスが死滅せず逆に脳細胞が増える方法があります。

 

それがピアノを演奏するという行為です。

 

ピアノは脳と体をバランスよく使います。楽譜から細かな情報を読み取りそれを指へ伝達する繰り返し。

 

目で音符を読む・弾きながら先の楽譜を読む・目で見た音がどの音か・鍵盤のどの高さで弾くか。

 

この確認作業の繰り返しにより脳の血流量が増え脳細胞が活発に活動するわけです。

 

このようにピアノはとにかく脳に良いと言われています。大人になってから始めても全然遅くもないわけです。もちろんこのような動機だけではピアノは長続きしないとは思います。

 

ピアノが長く続く根底にあるのは純粋に音楽やピアノが好きだという気持ちだからです。

スポンサーリンク

ピアノ演奏の動機はなんでもよい

ピアノ演奏の画像

しかし動機というのはやってくうちに変わるものですから最初から気にするものでもないでしょう。

 

にかく挑戦することが大切です。ピアノを始めるのに年齢は関係ありません。

 

それにピアノを始めて後悔したなんて話は聞いたことがありません。

 

ピアノは本当に素晴らしい楽器です。そして音楽は人生をより豊かなものに変えてしまいます。

 

音楽は音を楽しむもの。上手い下手など小さなことです。

 

どうかピアノを音楽への入り口として存分に楽しんで下さい。

 

※この記事はピアノ好きのお兄さんに書いていただきた記事です。

 

ピアノ好きのお兄さんの記事はこちら

音大卒のピアニストさんの記事はこちら

イタリア音楽大学のピアノの先生の記事はこちら

 

関連記事:手が小さい人のピアノの練習方法は?手が小さくても上手く弾くコツ

関連記事:ピアノのリズムが上手くとれない!メトロノーム練習方法!

関連記事:ピアノの強弱をうまく弾くコツは?キレイにメロディを奏でたい

スポンサーリンク

 

 

 

-ピアノ好きのお兄さんの記事

Copyright© ピアノとアフィリエイトをこよなく愛するブログ! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.