*

日本の音楽大学卒業後にイタリアに留学!語学でショックを受ける!?

公開日: : 最終更新日:2017/11/01 イタリア音大先生のピアノ記事

日本の音楽大学卒業後にイタリアに音楽留学をしたいい! すでにイタリアに音楽留学をされた女性は「言語」でショックを受けました!

 

もちろん日本語とイタリア語は違いますが、ただ単にピアノが弾ければいい、音楽理論や、対位法を知っていれば海外に音楽留学できるヒド甘くないのです!

 

もし、あなたが音楽でイタリア留学を考えている場合、参考にしてみてください。

 

こちらの記事はイタリア音大のピアノの先生に執筆していただきました。

スポンサーリンク

日本の音楽大学卒業後にイタリアに留学!語学でショックを受ける!?

イタリア語のピアノの音階の画像

出典元:http://hp.vector.co.jp/authors/VA028660/mt/ch01_1.png

日本で音楽大学に通い、海外に渡りさらに技術を磨こうとする人も多いと思います。

 

海外で勉強するということは、まず語学力が必要になることは一目瞭然です。

 

最近は有名な音楽学校は外国人も多く英語ができれば何とかなる場合もありますが、英語圏以外の国の場合は、全ての先生が英語を話せるわけではありません。

 

その為海外に行く場合目的の渡航先の語学を勉強してから行く、または音楽留学前に語学留学生徒してその渡航先に留学し語学学校にかよいながら、演奏技術が落ちないようにプライベートレッスンに通う人が多いのです。

 

「語学さえできれば、音楽大学にすぐに入れるのに…。」

 

確かにすべての問題はここにあるのですが、実は本当に海外の音楽大学に入ろうとすると実はもっと基本的で衝撃的な問題に出会うことになるのです。

 

私の場合、イタリア語は通訳の仕事ができるほどできるのですが、音楽理論の話をすると全くちんぷんかんぷんでショックを受けました。音楽大学で4年間音楽理論や、対位法など講座をうけそれなりの成績を獲得したとしても、渡航先で全く通用しないのです。

 

ここで、音楽大学出身者でなくても答えれる音楽用語や音楽記号。例えば「ト音記号」なんて子供でも知っていますよね。

 

でも、イタリア語で何というのか知らない方は多いのではないでしょうか。そうなんです。イタリアに行くと小学校1年生でも知っているようなことがすんなり言えないというショックが日本の音大卒業生に襲ってくるのです。

 

ト音記号はイタリア語で「Chiave di violino(キアーヴェ・ディ・ヴィオリーノ)」と言います。こんなことでさえ知らないなんてもう笑うしかないほどのショックですよね。

スポンサーリンク

では、♪ これは何という名前でしょうか?

答えは、日本語ではもちろん「八分音符」ですよね。音楽好きならみんなが知っていることです。

 

でもイタリア語では?音大生もだんまりしてしまいます。イタリア語で「Croma(クローマ)」といいます。

 

日本の音楽大学で習う音楽理論は、Andante 、Forteなど楽語はイタリア語が多く、C Durなど理論はドイツ語です。

 

♯(シャープ)は英語、いろいろな語学を混ぜて勉強して覚えてしまっているので、どの国に行ってもこれは知ってるけど、これは知らないという事だらけ。

 

語学に合わせてト音記号から勉強をし直ししないともちろん、海外の音楽学校の入学試験をパスできません。

 

もちろん、音楽学校の試験にト音記号の名前を書きなさいなんて質問は、あまりにも初歩過ぎて出題はされませんが、これなしにソルフェージュをしたり、音楽を分析し表現をするなんてやっぱり難しいのです。

 

日本の音楽大学を卒業し、海外で勉強をしようとするには、ある程度のプライドを取り払い、ゼロから勉強をし直すという根性が必要になります。

 

もしかすると「日本の音楽大学のソルフェージュの授業内容や音楽理論のあり方ももう少し改善しないといけない時期」になっていているのではないかと思います。

 

この頃海外に行くことはとても身近になっていて海外音楽留学も珍しい事ではなくなってきました。

 

そんなやる気のある日本の音楽大学卒業生が、海外に行きすんなりと音楽留学ライフのスタートを切るために何が必要なのかもう少し真剣に考えないといけないような気がします。

 

西洋のクラシック音楽が日本に来て歴史はまだ浅いとは言っても少しずつ整備していかないといけません。

 

イタリア、ドイツ、フランスそれぞれ学びたい音楽も違い、言葉も違います。でも大学生のころは、目の前にあるテストや課題をこなすのに必死で海外を夢見ていてもそこに待っている現実までに注意がいかないのです。

 

海外に行き驚く前に知っておきたいですよね。

 

イタリア音楽大学のピアノの先生の記事一覧はこちら

 

関連記事:ピアノでイタリア留学するの理由とメリットは何? 

関連記事:イタリアの音大の学費はいくら?日本より安いピアノ音楽留学費! 

関連記事:レッスン前に読みたい!大人のピアノ演奏を成功させるコツ 

スポンサーリンク

 

 

 

関連記事

モーツァルトピアノソナタK.545の難易度は?弾き方のコツ!

モーツアルトピアノソナタ16番のハ長調K.545第一楽章の難易度はどの位でしょうか?  

記事を読む

幻想即興曲/ショパンの解説!難易度は高くないけど慣れるまでが!

幻想即興曲のショパンの曲を弾きたい!けど難易度が気になる!そんなあなたの為にイタリア音大のピアノの先

記事を読む

イタリアは「音楽理論」のレッスンが一般的に普及している

音楽理論ってありますが、イタリアでは音楽理論のレッスンが一般的に普及しているそうです!日本では音大の

記事を読む

イタリアでブームは古典派音楽!?

以前、イタリアでは近代音楽のコンサートを盛んにおこなわれていて音楽の新しい発展を肌で感じる事ができる

記事を読む

イタリアのピアノシティ2017旅行のご案内!見所とおすすめは?

ミラノが音楽に溢れる日「ピアノシティ2017」旅行のご案内と見所!おすすめも   毎年

記事を読む

パッヘルベルのカノンをピアノで弾くコツ!楽譜選びが大事!

パッヘルベルのカノンをピアノで弾くコツはあるのでしょうか?   とてもきれいなゆったり

記事を読む

ソナタ8番「悲愴」ベートベンのピアノ演奏の解説!難易度は?

ソナタ8番「悲愴」ベートベンの第1楽章、第2楽章、第3楽章をピアノ演奏されている方も多いのではないで

記事を読む

子犬のワルツ(ショパン)ピアノの難易度は?弾き方のコツも!

ショパンの子犬のワルツ、短い曲でピアノの発表会でとても人気の曲ですよね。私もいつか弾いてみたいと思っ

記事を読む

レッスン前に読みたい!大人のピアノ演奏を成功させるコツ

ピアノの演奏を成功させるコツって知りたいですよね。自分は音符を数えないと読めない所があります。 &

記事を読む

ショパン(エチュード)の別れの曲の難易度は?解説付き!

ショパンのエチュードの別れの曲op.10 nº3好きですか?私はとても好きです。でも難易度が高そうで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピアノのブラインドタッチの練習方法!楽譜を見ながら弾ける!

ピアノ演奏で楽譜を見ながら弾けない。間違えた音を弾いてしまう。 &n

他人のピアノ演奏が気になる場合!自分軸を作ると幸せになる!

ピアノ演奏をしていると他人の演奏が気になりませんか?  

婚活と恋活の違いとは?結婚したい人は必見!?

婚活と恋活の違いとは?何か?   私自身このお話を知って

音符の覚え方!ヘ音記号のドレミファソラシドの暗記も簡単!

ピアノの音符が覚えられない!   ドレミファソラシドのト

ピアノのシャープ♯とフラット♭の意味と使い分けと覚え方!

ピアノの楽譜にはシャープ♯とフラット♭が出てきますが、覚えられています

→もっと見る


  • 管理人のおかのです。
    小さい頃、ピアノを習っており、大人になってからまた習いたいなと思ってピアノ教室に通いはじめました。まだまだ下手ですがいろいろピアノ教室で習った曲を動画に撮るのが好きです。

    よろしくお願いします。
    プロフィール詳細
PAGE TOP ↑