*

ピアノでイタリア留学するの理由とメリットは何?

公開日: : 最終更新日:2017/11/01 イタリア音大先生のピアノ記事

ピアノでイタリア留学する理由とメリットは何でしょうか? 音大生が音大を卒業後、海外に勉強しに行きたいという人がいますね。

 

ぼくは、なぜわざわざイタリアにピアノ留学をするのかなという疑問があります!確かにヨーロッパは音楽の発祥ですが、音大生はヨーロッパのイタリアに対してどんな事を見ているのでしょうか? 

 

今回はすでにイタリア留学し、イタリアの音大を首席で卒業し、音楽院も首席で卒業したプロのピアニストさんにお話を聞くことが出来ました!貴重なお話しです。

 スポンサーリンク

ピアノでイタリア留学するの理由とメリットは何?

Piano-City-Milanoの画像

出典元:http://visitaly.jp/wp-content/uploads/2015/02/Piano-City-Milano.jpg

音大生を卒業してから海外に音楽留学に行く人がどんどん増えてきています。

 

私が卒業した頃すでに15年ほど前(2002年)になりますが、10パーセント〜20パーセントの卒業生がヨーロッパやアメリカに留学し海外の音楽院やプライベートレッスンに通ったりします。

 

その人数は、年々増えてきていると言えます。インターネットにより海外の情報も集めやすくなりました。また海外留学などを助けてくれる事務所などもできたことも後押ししていると思います。

 

でも、どうして海外に行き勉強をしたくなるのか。という質問を時々耳にします。

 

もちろん理由は、その人一人一人違うのですが、私も海外に行き勉強をしていると者の1人です。まず、一般的な理由は、クラシック音楽を勉強している者にとって、ヨーロッパは本拠地または、聖地のような場所です。簡単にいうとヨーロッパに行く事は、音楽をする者にとって憧れの場であり、刺激を受ける場所なのです。

 

例えば、モーツァルトの曲を弾く時にモーツアルトの街に行きその場所の景色、食べ物、聞こえてくる物音などを見ると少しずつモーツアルトの生きた時代を感じることができます。

 

もちろん現在のオーストリアとモーツァルトの過ごしていた時代(1700年代)とは違います。でも、海外の街を歩いていると1700年代の建築物が残っていて、それらを見ながら想像力を働かせ作曲者の感じていた感覚を感じ取ろうとするのです。

 

もちろん音楽はモーツァルトだけの曲を演奏しません。ベートーヴェン、ヴィヴァルディ、それぞれ国が違います。一つずつ演奏するたびにその作曲者の国に旅行する訳には行きません。

 

でもそれがイタリアの住んでいてドイツの作曲家の曲を演奏する場合も、日本にいた頃よりも近隣国の情報が多く、その国の文化や国民性など日本にいる頃よりも頭の中の情報量が増えているのです。

 

音楽は、この様な肌で感じた感覚や想像力が表現力となり音楽が熟成して行くのです。まず、この様な理由も一つです。

 

反対に海外でも最近剣道や柔道などのレッスンもはやっています。柔道をしているイタリア人たちは、「イッポン」「クロオビ」と日本語を使い、しっかりと柔道前にお辞儀をして始めます。

 

それと同時に日本への憧れを抱きます。ある程度のレベルに達すると日本に行って本場のレッスンを体験したいという好奇心がくるのと同じ感覚だと思います。

スポンサーリンク

音楽大学で習った事は、音楽の技術の基礎を作り上げます。

• そうすると本場に行き自分の習ったことが確かなのか。

• 自分の実力はどこまで通用するのか。

• もっと勉強したい!でも日本の音楽大学は卒業済み。それなら海外でレッスンを受けたい。

 

この様に大学卒業後もさらに技術を伸ばしたいと思っている人が選び選択肢の先に海外留学という選択肢があるのです。

 

また不思議なもので、海外に行き窓を開けて窓から教会の鐘が聞こえて遠くにアルプスが見え目の前に広がる素敵な景色を感じながら奏でる音楽は、日本で弾いていた時よりも輝いて聞こえるには耳の錯覚だけではない様な気がします。

 

また、とても現実的な話になりますが音楽をして行く上でヨーロッパの音楽院を卒業した。海外のコンサート出演した。コンクールで賞を獲得して事は、音楽する上でのキャリアとなり、強みになるのです。日本国内でコンサートをする時もパンフレットに例えばイタリア国立〇〇音楽院卒業と書くとちょっとかっこがいいのです。すみません。でもそういうものなんです。

 

それはただ単に履歴書に箔がつくだけでなく、本場仕込みという少し信用と確かさを感じさせるんですよね。そのため自分にも自信がつきます。

 

また、詳しくドイツ、フランス、イタリアなどの国選びにもそれぞれの違いがあります。その辺りのお話もして見たいと思います。

 

イタリア音楽大学のピアノの先生の記事一覧はこちら

 

関連記事:イタリアの音大の学費はいくら?日本より安いピアノ音楽留学費! 

関連記事:レッスン前に読みたい!大人のピアノ演奏を成功させるコツ 

関連記事:イタリア人と日本人音楽家の違い! 

スポンサーリンク

 

 

 

関連記事

アラベスクのドビュッシーの難易度は?ピアノで弾くコツは?

アラベスクのドビュッシーをピアノで弾くことは難しいでしょうか? ぼくもいつか弾いてみたいと思う優しい

記事を読む

イタリアの音大の学費はいくら?日本より安いピアノ音楽留学費!

イタリアの音大の学費って高いのでしょうか?日本より高いイメージがありますが、実は日本より安いみたいで

記事を読む

イタリアのピアノシティ2017旅行のご案内!見所とおすすめは?

ミラノが音楽に溢れる日「ピアノシティ2017」旅行のご案内と見所!おすすめも   毎年

記事を読む

イタリアは「音楽理論」のレッスンが一般的に普及している

音楽理論ってありますが、イタリアでは音楽理論のレッスンが一般的に普及しているそうです!日本では音大の

記事を読む

日本の音楽大学卒業後にイタリアに留学!語学でショックを受ける!?

日本の音楽大学卒業後にイタリアに音楽留学をしたいい! すでにイタリアに音楽留学をされた女性は「言語」

記事を読む

イタリア人とコンサートをする時はトラブルいっぱい!?

イタリアに住んでいてイタリア人からのコンサートのオファーもあるのですが、イタリアにいる特に日本人(イ

記事を読む

ピアノの姿勢ってとっても大切!

ピアノを弾く正しい姿勢はあるのでしょうか? 普通に引いている分には問題ないのですが、ピアノが上手にな

記事を読む

イタリアで日本人が成功する「強み」を探そう

日本の音楽大学の卒業生たちにとってヨーロッパやイタリアで演奏する事は一つの目標だったり夢かもしれませ

記事を読む

ピアノが上手く弾けなくても「心配しないで。」本当に心を動かす音とは?

ピアノが上手く弾けなくて悩む大人の人は多いと思います!でも、心配しなくていいよ! 本当に人の心を動か

記事を読む

子犬のワルツ(ショパン)ピアノの難易度は?弾き方のコツも!

ショパンの子犬のワルツ、短い曲でピアノの発表会でとても人気の曲ですよね。私もいつか弾いてみたいと思っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

イケメンだと緊張する!話せない!?緊張しない方法はこれ!

イケメンだと緊張する!お話が出来ない。と言う女性がいました。 &nb

スティーブジョブズのスピーチの和訳!教えは直観に従え?

スティーブジョブズって誰?伝説のスピーチって何?その位、聞いた事はある

ピアノの継続率!人生は自分で決めよう!

ピアノを始めようかと考えている人、子供がピアノを習いたいと言い出した。

50年前のアップライトピアノの調律の費用はいくら?衝撃の金額!

家にはアップライトのピアノがあります。1回位調律したいなと考えておりま

何のために先生からピアノを学ぶのか?理由付けが大事!

ピアノを先生から学ぼうかと悩んでいる人がいると思いますが、なぜ先生から

→もっと見る


  • 管理人のおかのです。
    小さい頃、ピアノを習っており、大人になってからまた習いたいなと思ってピアノ教室に通いはじめました。まだまだ下手ですがいろいろピアノ教室で習った曲を動画に撮るのが好きです。

    よろしくお願いします。
    プロフィール詳細
PAGE TOP ↑