ピアノは音色がとても好きですが、練習も好きです。趣味でユーチューブとブログをやっているのでそちらの知識も公開していきます。

千葉のピアノ教室に通う男のブログ!聞く人に喜ばれませんか?

イタリア音大先生のピアノ記事

イタリアの音大の学費はいくら?日本より安いピアノ音楽留学費!

更新日:

イタリアの音大の学費って高いのでしょうか?日本より高いイメージがありますが、実は日本より安いみたいですよ!

 

実は、音楽留学費が驚きの金額です。

 

日本でピアノを習うなら本場で習ってみるのも面白いと思いますよ。イタリアの本場の音楽! 一番のハードルはまず「学費」ではないでしょうか?

 

是非、ピアノでイタリア留学を考えるあなたに読んでいただきたい記事です!

 

今回もイタリア音大主席卒、イタリア音楽院主席卒のピアニストさんの記事です。

 

お楽しみください。

スポンサーリンク

イタリアの音大の学費はいくら?日本より安いピアノ音楽留学費!

ミラノ音楽院の画像

出典元:wikipedia

以前に日本の音楽大学を卒業した後、「とある有名な海外の先生が教えている音楽院に留学がしたいのですが、イタリア語が話せずイタリア語を教えてください。」というご相談がありました。

 

もちろん志のある方のお手伝いする事はとても嬉しい事でイタリア語を一から始めるお手伝いをする事にすぐに快諾いたしました。

 

その方は音楽留学の費用のこともとても心配なさっていて色々な相談をしていました。

 

私も海外に行くまで海外の音楽大学の費用など知識がなかったので不安だったことをよく覚えています。

 

でも、少しでもヨーロッパで勉強をしたいと思っている人は怖がらずに海外に行くべき!だと自信を持って言えます。

 

まず、私のいる国はイタリアですが、イタリアの音楽院はとても安いのです。日本の音楽大学は、とても学費が高い事は噂でご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

 

イタリアの音楽院は、30万円ほどで1年間通えます。近くの学校は驚くことに13万円が1年の学費になります。

 

この値段は、もちろん学校によって違うのですが大抵が30万円あればお釣りがくるほどなのです。

 

音楽留学をする時もちろん学費だけでなく家賃などの生活費もかかりますがイタリアの生活費は日本の東京や大阪よりも抑えることができます。

 

家賃はミラノだと7万円位かかりますが、少し郊外に行くと3万円くらいでも見つかります。食費は1万円もあれば毎日自炊でやっていけます。本気で音楽をヨーロッパで勉強したいなら

 

• 1年の学費多く見積もって30万円

 

• 1年の生活費 と少しゆとりをたっぷり持って100万円

 

これだけあれば大丈夫。もし足らなければ現地でバイトもできます。

 

ヨーロッパの音楽院は、誰もが通えて音楽を勉強できる様になっているんです。

 

結局、ご相談してくださった音大卒業の方も、留学をするための費用を貯金するために朝から夜の22:00位まで働いていらっしゃって、イタリア語を勉強する時間がなく、結局やめちゃいました。

 

まだ卒業して間もない方なので遅すぎる事はないと思うのですが、伝えたかった事は、留学するからバイトを朝から晩まで毎日すると本末転倒にならないのかしら。という事。

 

日本の住居環境から考えると、ピアノの演奏も夜の時間が限られてしまいます。技術を保ち本気で留学をし試験をするのであれば練習時間は、1日の持っている時間を全てピアノに捧げると言ってもいいほどなのです。

 

1. 留学をするために朝から晩まで働く。

 

2. だから練習時間がない。

 

3. そうしながらも時間が過ぎる。

 

4. 練習していないから技術が落ち一線から外れてしまう。

 

5. 留学自体を諦めてしまう。

 

これはピアノだけではありません。声楽も、楽器も全てに言えます。

 

確かにその時は、アルバイトに一生懸命になる気持ちもとてもわかります。

 

でも海外(少なくとも)イタリアの音楽院はとても学費が安いので、練習時間を削ってまでもアルバイトに力を入れなくてももっといい方法があるのにと心にモヤモヤを感じてしまうのです。

 

朝から夜遅くまで働くと早く貯金ができることは当然な事ですが、その1年真剣に練習時間を確保していない事の方が問題に思うのです。

 

2年かかってもいいので家でしっかりと練習をし技術を保ち、いつでも人前で弾ける、試験に対応できる様にしておきたいです。

 

ピアノを真剣に弾いている人ならわかると思います。3日ひかない日が続いたら指が動きが鈍くなり演奏をする時自分の指でない様な感覚(違和感)を感じます。

 

同じ様に海外留学を考えていて学費に悩んでいる人に自問自答してほしいことがあります。

 

• まず学費を調べて本当に必要な費用の最低限を知ってください!

 

• 仕事の仕方は正しいですか?練習時間をしっかり持てていますか?

 

 

海外留学は「どうせ高いだろう。」なんて想像で諦めるのはおしまいにしませんか?

 

イタリア音楽大学のピアノの先生の記事一覧はこちら

 

関連記事:レッスン前に読みたい!大人のピアノ演奏を成功させるコツ 

関連記事:イタリア人と日本人音楽家の違い! 

関連記事:ピアノの表現力を出す方法は?上手にピアノを弾くコツ! 

スポンサーリンク

 

 

 

-イタリア音大先生のピアノ記事

Copyright© 千葉のピアノ教室に通う男のブログ!聞く人に喜ばれませんか? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.