ピアノは音色がとても好きですが、練習も好きです。趣味でユーチューブとブログをやっているのでそちらの知識も公開していきます。

ピアノとアフィリエイトをこよなく愛するブログ!

勉強法 未分類

スティーブジョブズのスピーチの和訳!教えは直観に従え?

更新日:

スティーブジョブズって誰?伝説のスピーチって何?その位、聞いた事はあるが興味が無かった。

 

しかし、私は動画で音声を聞いて日本語役の和訳をみることにした。

 

その結果、スティーブジョブズの3つの教えがある事が分かった。1個目は直観に順え、2個目は愛情、3個目は死について。

 

ただ結局はたった一つの「直観」についてだけの話と私は理解しました。自分なりの悩み解決と勉強の為にまとめてみました。

スポンサーリンク

スティーブジョブズのスピーチの和訳!教えは直観に従え?

1、直観に順えってどういう事?

直観の閃きの画像

ジョブズは直観に従ていたらしい。

 

このお話は2005年のスタンフォード大学の卒業式スピーチのお話です。

 

ジョブズは養子です。お母様は子供を将来大学に入れてあげたかった、そこで大学に入れてくれるような親を探していたのだ。

 

実際に見つかった親は裕福とも言えない親で、ジョブズは大学に行くも途中でやめてしまった。大学が将来何の役に立つのかわからなかったのだ。

 

その後に、再度ジョブズは大学に戻り勉強し始める。

 

ジョブズの功績は私にはわからないが、パソコンかアイフォンを作った人のような気がする。

 

私にとってジョブズとはその位の人で特に印象にない。

 

だから、客観的にお話が出来るメリットがあります。

 

ジョブズは、最初の方で直観に順えとは言っていたが、その後は「点と点が繋がる、今の自分にはわからないが、将来結びつく」と言う表現をしている。

 

若干表現は違うが、私なりの解釈はこうであった。

 

直観に従って人生を信じるということだ。

 

これはこれで非常に難しくこれだけで、十分であると私は考えており、解説がもっと必要だと思うがジョブズは2個目の話をしはじめた。

スポンサーリンク

2個目、愛と喪失についての話

ハートを運ぶトラックの画像

これからジョブズの2個目の愛情の動画は見ますが、直観的に私は得意だと感じだ。

 

なぜなら、「以前の自分とくらべて」、今の自分は人の愛情に気が付けるようになったから。

 

ポイントは、以前の自分と比べて私なりに満足しているという事であり、他の人から見たらどうかわからない。

 

ただ、私はもともとまったく勉強もできず人愛情にも気づけず、「くれくれ」君だった。

 

もっとくれ、もっと優しくくれ、もっと解説してくれ、と言うくれくれくん。周りにいる人は参ってしまうよね。。。

 

でも、ある2人の人との出会い。私はブログとユーチューブを運営しており、ブログの記事を書いてくれるライター様との出会いだ。

 

このライター様が私とのメッセージのやり取りをノートにまとめますと言い出したのが4月。そして12月には、、、私は自分でもうおいつかれて抜かれたと感じた。

 

そして私もノートのやり取りを書き始めた。すると、、、ライター様からの思いやりや愛情がこんなにも多く含まれていたのかと思うほどでした。

 

そして、私が唯一読んでいるピアノメルマガある女性のメルマガを読んでノートにまとめて、こんなに優しく愛情あふれる人だったんだと気が付ける程、

 

親との関係、仕事関係、他にも色々ノートにまとめ始めたら、、、「私には十分愛情が向けられていた」」」と気がつき、、、

 

人に優しさを少し出せるようになった。

 

もちろん他のライター様も、十分私に優しくしてくれていて気遣い、優しさ、思いやり、、、に溢れており、、、十分人に説明できるだろうと私は考えていたからこの愛情に関する項目は聞く前からこちらに書いてしまった。

 

もう1名ノートにまとめるきっかけ、ライター様以前に私が知った情報がある。インターネット上かユーチューブか忘れたが「ナンバーワンホスト」がなぜナンバーワンになれたのか。

 

そのコツをお話されていたのがあったのだ。

 

この人、と思った女性との会話を全てノートにまとめる。ストーカーをして家を突き止める、服装、髪型、職場、ありとあらゆる事をノートにまとめると3か月後位は手に取る様に相手の求めている事がわかるようになりナンバーワンになりました。と。

 

実際、私はピアノ教室に通っており、ピアノの先生との会話をノートにまとめるようにしている。すると何を言いたいのかが以前よりわかる様になった。

 

私なりの人からの愛情に気が付くテクニックではあるが私には効果があった。

スポンサーリンク

ジョブズの愛情と喪失のお話は?

夫婦鶴の画像

ジョブズはアップルという会社を作ったが、なんと創業者が会社をやめさせられてしまったのだ。

 

もう1名有力者がおり、取締役会がジョブズとは違う人を支持したためだったと私は理解した。

 

私のイメージでは自分が作った会社に人を入れたら追い出されてしまった、乗っ取られたイメージである。。。

 

私の場合は人を多く雇うのは得意ではなさそうだ。

 

ジョブズの話では、2名に謝罪したそうだ。そして立ち去る思いだったけれども、仕事をまだ愛していたそうです。

 

そして再出発をする事を決意し新人からやり直すことにしたそうだ。

 

会社を辞めさせられたことは、新人の気持ちに戻り色々な気づきがあったと私は解釈している。愛情と言うから男女関係かと思ったら仕事のお話でした。

 

そして5年後に会社を作りそこで出会った女性と恋に落ち結婚をしたそうです。確かに自分の会社の女性と恋愛になって結婚する男性は多いですよね。

 

分かる気がします。お仕事を理解してくれる女性は非常に嬉しいものだからですよね。

 

会社は、アニメ会社でしたがアップル社が買収しジョブズはアップルに戻る事になったそうです。

 

「ジョブズが仕事を続けられたのは仕事が好きだったから、皆さんも好きな事を見つけなければなりません」と書いている気がします。

 

正直私には2個目のジョブズのお話はそこまで受け取れるものも多くなく、拍手をしているのはまだ22歳の学生の為、私が随分と成長したと考えることにしました。

スポンサーリンク

3、死についてのお話です。

お葬式の画像

ジョブズが17歳の時に読んだ引用文が紹介されました。

 

「もし、あなたがを毎日をあたかもあなたの人生最後の日の如く活きれば、いつの日か、ほぼかならずやあなたはその通りとなるであろう。」

 

印象的だったようで、そこから33年過ぎたようです。

 

ジョブズは毎日「鏡のぞき混んで自分自身に問いかけてきたのです。」

 

「もしも、今日が私の人生最後の日だとしたら、今日私は今からやろうとすることをしたいとおもうだろうか?」

 

以下ジョブズの話です。

 

そして、いつも、その答えが「NO」の日が何日も間続いている時は私には何かを変える必要があるとわかるのです。

 

自分がやがて死ぬという意識を持つ事。

 

自分の人生で重大な選択をする為にたすけとなる、私が出会った最も重要なツールだったのです。

 

というのは、殆どす総ての事柄、例えば、周囲から自分に向けられたすべての期待値、誇り、屈辱を受けたり挫折することへの恐れなど、

 

これらの事柄は死に臨んだ時にはただ消え失せ、真に大切な物のみが残るからです。

 

私達が死へむかえると意識する事は、私たちが失うものを持っているのではないかと考える思考の罠を避ける私の知ってる限りの最善策なのです。

 

ここまでがジョブズの話。以下は私のまとめ

 

ジョブズは、病気の為医者から残りの余命が3か月~6か月と言われ、家族にさよならの準備をしなさいと。

 

その後、検査の結果手術で治るのです。ジョブズが学んだ事は、死を考えた時に何が重要かという事なのではないかと私は考えます。

 

死ぬときになって後悔しないようにと言う事でしょうか。

 

ジョブズはいいます、しかし、今からさほど遠からぬうちに、あなた方も徐々に古きとなり、取り除かれていくことになるのです。

 

大変芝居じみた表現となり、申し訳ないとは思いますが、これがまったくの真実なのです。

 

「あなた方の時間は限りがあります。

 

誰か他人の人の人生を生きることで無駄にしないでください。」

 

「ドグマの罠に捉われないでください。

 

それは、他の人々の思考の産物とともに生きる事なのです。

 

他人の意見の雑音であなた自身の内なる声がかき消される事の無いようにしてください。」

 

「そして、最も重要な事なのですが、あなたの心と直観に順う勇気を持ってください。」

 

私が聞きたかったのはこの言葉です。ジョブズの動画を見る前に他人の人のジョブズの一部の引用文章を読みました。

 

「直感に順う」

 

1番目の内容と同じですね。

 

「心や直観はあなたが本当になりたいと望んでいるものをとにかくもすでに知っているのです。

 

それ以外の全ての事は二の次なのです。」

 

つまり「直感に順え」と言うことです。

 

実は私もこの直観に従うというのができていなくて、、、悩んでおりました。

 

正直私が自分で言うのもなんですが、かなりの事を考え方について知っているつもりです。

 

その中で、最近特に私が学んだことは、努力しない事が成功を引き寄せるという事です。

 

と言うと全て努力しないイメージになるかと思いますが、9割は努力せず自分が好きな事だけは努力するという意味です。

 

例えば、私の場合はピアノだけは努力する、それ以外の事はなるべく「ダメなように見せる」ように努力するようにしております。

 

多くの人はすべてにおいてよく見えようとしますが、私の場合はなるべくダメに見せるように努力する。これは全く普通の人とは違いますよね。。。

 

実は色々と成功法則はあります。

 

確かに東大生とかは努力して成功しているので多くの人はそれを真似するのですが、私のような大学にも行けなかった人はすごい所を目指すのではなく、ダメな事を認めて助けてもらう方を選ぶのが良いのではと考えております。

 

ただ、1個だけ好きな事、ピアノだけは努力するとかそういうのが普通の人の成功法則だと私は考えています。

 

そしてジョブズのお話、聞いてみて、私もその話は知っていると認識し、もうほとんど知る必要はないのだなと思いました。

 

あとは自分なりに行動できるように腑にに落としていく作業が重要だろうと解釈しました。

 

直観に従うというのは、本当に重要だと考えております。ジョブズは勇気と言いましたが勇気は出るものではないと考えていて、知識で改善する物だと考えております。

 

私なりの解釈でした。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

 

 

 

-勉強法, 未分類

Copyright© ピアノとアフィリエイトをこよなく愛するブログ! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.