千葉のピアノ教室に通っています。上手くなりたいと考えていますがなかなか上手くならず最近は諦めてしまいました。。。かなり残念ですが仕方ありません。もっとうまくなっているはずだったんだけどな・・・。

千葉のピアノ教室に通う男のブログ!聞く人に喜ばれませんか?

音大卒のピアニストさんの記事

ピアニストの求人や募集は何処?友達から紹介が多いってホント?

更新日:

ピアニストさんの求人や仕事の募集はどこにあるのでしょうか?

 

友達からの紹介が多いと聞いたのですが、レストランやピアノの先生はわかりますが、他にどんなお仕事だったり、求人があるのか?

 

気になったので、実際にピアニストとして働いている女性に伺ってみました。

ピアニストの求人や募集は何処?友達から紹介が多いってホント?

グランドピアノの画像

仕事をしたいと思ったときには、いくつかの求人サイトに登録してみたり求人雑誌をみたりするのが一般的かと思います。

 

しかしピアニストの求人は一般的な求人サイトや職業安定所の求人情報には全くありません。

 

あるとしたら、求人サイトで都内のバーやラウンジで演奏者のお仕事が掲載してあるか、結婚式やチャペルでのオルガン演奏のお仕事くらいでしょうか。

 

特殊な世界なのでサラリーマンのように安定して仕事をするのはなかなか難しいです。

 

仕事の一例ですが、音楽団体に所属し演奏会の仕事をもらったり(経歴もしくは実力があるひとが団体に所属できる可能性が高いです)、

 

音楽仲間からの紹介や依頼(知り合いが伴奏者がいなくて困っているからお願いできないか、今度一緒に演奏会をしないかなど)、

 

自分の知り合いからの依頼や繋がりで仕事依頼があったりもしますし、自分が師事している先生からの演奏会出演依頼やソリストの伴奏、コンビやユニットを組んでの音楽活動など仕事範囲は自分次第でいくらでもひろげていくことができます。

スポンサーリンク

経歴やコンクールでの受賞歴も重要

グランドピアノの画像

自分の活動範囲次第でカフェやレストラン側から演奏の依頼があったり、ソリストからの伴奏依頼があったり、

 

それが次の仕事へとつながり、それがメディアの目にとまったら、もしかしたら雑誌での演奏会案内掲載やテレビ出演に繋がるかもしれません。

 

そのため自分の経歴やコンクールでの受賞歴、自分の師事した先生の名前というのは自分のブランドになりますし、より信頼につながることができるのです。

 

お仕事を受け取るにはお笑い芸人やタレントさんが自分を売りこんで仕事をつかみ取るかたちと似ているかと思います。

 

音楽には終わりも限界も正解もありません。

 

一生勉強であり、プロのピアニストでもレッスンへ通います。

 

自己の能力を高めていくことに貪欲でなければ成長は遅いですし、活動範囲をひろげ、技術を高め音を極め、常に上を目指し、

 

落ち込むことさえも音楽での糧に変えて、誰にもまねできない自分というピアニストへ成長していけるものとおもいます。

 

関連記事:ピアニストとして歌手やバイオリンとの共演で大事なことは? 

関連記事:ピアニストに向いている適性は?大人からピアニストは無理?

関連記事:ピアニストに求められていることは何?

スポンサーリンク




-音大卒のピアニストさんの記事

Copyright© 千葉のピアノ教室に通う男のブログ!聞く人に喜ばれませんか? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.