ピアノが上手くなりたい。ピアノを弾くのが楽しいと思い継続しています!継続すれば必ずうまくなるはずだと信じております。本当に上手くなるのか(^_^;)最近は少し疑問もありますが、何とかまだ継続しています。もっとうまくなれたらいいですね♪

千葉のピアノ教室に通う男のブログ!聞く人に喜ばれませんか?

ピアノ勉強法

ピアノをYouTubeにアップしているならサムネイルを作ろう!

更新日:

ピアノ動画をYouTubeにアップしているのであれば、100%サムネイルは作った方がいいです。

 

サムネイルと言うのは、よくトップ画像に表示されている画像です。

 

画像に文字を入れるだけなのですが、ソフトが必要です。今回は無料で私が使っているソフトも紹介しますね。

スポンサーリンク

ピアノをYouTubeにアップしているならサムネイルを作ろう!

サムネイル画像

これは私がYouTubeにアップした動画の最初のサムネイル画像です。

 

サムネイル画像と言うのは、YouTubeに動画をアップした際に、最初の画像を設置できるのです。

サムネイル編集画像2

これがYouTubeに動画をアップした編集画像です。右側に画像が4個並んでいますが、その一番下に自分で画像を作成してアップロードできます。

 

上の3個はたぶん、自分は使ったことがないのですが、YouTubeが勝手にこんなサムネイル画像がいいんじゃないのって選んでくれるんです。

ピアノサムネイル画像3

ピアノで検索しました。

 

これがサムネイル画像です。伝わりましたか?

 

動画をクリックする前に表示されているこの「文字入りの画像」です。文字が入っていないのも一応サムネイル画像ですが、文字が入っている方がいいですよね。

 

これをYouTubeにピアノをアップしているのであれば、「作って設定」しましょうというのがこの記事の趣旨です。

スポンサーリンク

私が使っているソフトを紹介!

画像編集ソフトの画像

私が使っているソフトはphotoscapeと言うソフトを使っています。ダウンロードは ⇒ こちら

 

たぶん、上記のリンクが公式サイトです。ちょっと私は大昔にダウンロードしてもう覚えていないのですがもしダウンロードができない場合には、「photoscape ダウンロード」で検索して下さい。

 

沢山案内サイトが出てくるのでわかると思いますよ。

 

それでは、文字の入れ方を説明しますが、「T」の部分をクリックすると文字が入れられます。

 

そこから色とサイズを選んで文字を入れるだけですよ。

 

番号順に説明しますね。

7個覚えるだけでプロ並みサムネイルが作れる

ピアノのサムネイル作成方法の画像

1、Tの部分をクリックすると文字入れ画像が現れます。このTが表示されない場合は、その上の、「ホーム」「オプション」「トリミング」の中の「オプション」をクリックしてくださいね。

 

2、文字を入れます。今回は3回に分けています。1回目「ピアノ」「サムネイル」「作成方法」の3回に分けています。

 

1回文字を入れたら、5のokを押すと確定します。そして新たに文字を入れたい場合は、Tから同じことを始めます。

 

3、ここは赤枠に2個あります。左側に100の数字。100数字が文字のサイズです。数字が小さいほど文字が小さく、数字が大きいほど文字が大きくなります。

 

白い色は、文字の色です。覚えておいて欲しいのが良く使う文字の色はいくつかあります。ピアノの場合は白鍵と黒鍵を意識して白と黒は無難ですね。

 

で、よく使うのは、「赤、青、黄色」がメインです。ピアノの場合は「白と黒」も使うといいですね。

 

4、文字の種類です。今回は、「MSゴシック」にしましたが好きなのを選んでください。私が普段使っている文字はここには登録されておらず別にダウンロードしてパソコンにダウンロードして読みこませています。

自分が使っている文字の画像

HGP創英角ゴシックUBのを使っています。レベルが上がったら検索してダウンロードしたり調べてみてくださいね。

 

5、okは忘れずに押してくださいね。

 

6、6は矢印みたいなのがあると思いますが、これは文字を斜めにしたりします。

 

文字は真正面にするより少し斜めにした方が反応率が高いですよ。

 

7、最後にこれは、上が黒、下が文字の15になっています。これは、文字の「枠」です。枠を付けないと文字が軽い印象になるのでちょっと手間ですが必ずつけてくださいね。

 

よく使うのは白文字に黒枠、黒文字に白枠、ピアノはこの辺りは使いやすいですね。

 

他には、赤文字、青文字、黄色文字に「黒枠」この辺は普通に少し重たい協調。

 

注意させたいなら、「赤文字に黄色枠」がかなり強烈です。ただ使いすぎるとウザく見えるので気を付けてくださいね。

 

まぁ、この辺りは沢山作っていると慣れてきますよ。

 

枠のサイズは、私は大体15~21で使っています。

スポンサーリンク

裏技のおまけ

オレンジのプレゼントBOXを差し出す女性の画像

文字入れができるようになったらおすすめの方法をいくつかご紹介致します。

 

アクセスアップするプロの手法ですよ。

 

1、枠を付ける

2、トリミングを覚える

3、画像サイズを意識する、1280x720

 

この3点を覚えればもプロと変わりません。では、説明していきますね。

1、枠を付ける

ピアノのサムネイル作成方法の画像 枠ありです。

これは上の方にあった、サムネイル作成案内画像ですが、違いがわかりますか?

 

文字が入っていない以外です。

 

簡単に言うと枠があるという事です。。。 枠。周りに黒い線が入っているのが見えませんか?

 

黒枠を入れると収縮効果があり、枠を付けない白いままだと膨張効果があります。

 

画像をより強調したい場合は、黒枠を付けて、スルーさせたい場合は枠をつけません。私はほとんど枠を付けていますけどね。

 

たまに付け忘れたのは、めんどくさい場合はそのままですが、9割は再度枠とつけて再度保存しています。

 

細かいテクニックですがなかなかこんなテクニックは教えてくれる人はいません。

 

写真好きの人が、「おかのさんの画像はなんか見やすいですよね」と不思議がっていたので、その際は秘密を教えてあげましたけど(^^)/

 

あと個人的にすきなのが、

ウエディングの枠の画像

weddingの枠の画像が綺麗で好きです。

 

ちなみに今回の画像は「黒枠」が入っていません。入れ忘れましたが、枠を入れないとこういう印象ですよと言うのが伝わるかなと思いました。

2、トリミングを覚える

data:text/mce-internal,content,%3Cimg%20class%3D%22alignnone%20size-full%20wp-image-4907%22%20src%3D%22https%3A//pianopuro.com/wp-content/uploads/2019/05/d0e8e948c457d9114b958384925d5859.jpg%22%20alt%3D%22%22%20width%3D%22431%22%20height%3D%22644%22%20/%3E

トリミングと言うのは、切り取りという意味です。写真や画像があって、一部だけ使いたい時ありますよね。

 

そういうときにはトリミング機能を使いましょう。

 

上のウエディングドレス姿の女性とピアノの画像をトリミングしますね。

トリミングされた画像

これがトリミングした画像です。一部を切り取って黒枠しました。右と左の黒枠が太いのは2回目の黒枠を付けたからです。

 

2回つけるとこうなります。上下は切り取って新しく黒枠したのでこのような感じです。

トリミングの方法画像2

トリミングは、1のトリミングをクリックしてあとはカーソルでトリミングする範囲を選んでください。

 

慣れれば簡単ですよ。

3、画像サイズを意識する、1280x720

リサイズの画像

画像サイズは、「リサイズ」の項目で変更できます。ただ、画像サイズは大きい ⇒ 小さくするのはあり。 小さいの ⇒ 大きいは画像が荒くなるので私はほとんど使ったことがありません。

 

ブログのサイズは横640縦480です。

 

YouTubeのサムネイル画像は、1280x720です。これ以上大きい場合には自動的に調節してくれるので大丈夫です。小さい場合は、黒枠が入る場合があります。

 

私がこのリサイズを使うときは、自分で画像を撮影した時はサイズが3,000とかになってしまうのでそういう際に小さく調節します。

 

YouTubeはわかりませんが、ブログの場合はサイズが大きくなるとブログの表示速度が遅くなるので小さくした方がいいです。

 

ブログの表示速度が遅くなると検索順位で上位表示しにくいのでしっかりと対策しています。

 

ちなみにこのピアノブログの画像は、640x480が大半で昔は500の360位で行っていました。500サイズだとちょっと小さいのと、画像を無料でダウンロードできるサイトと画像サイズがズレるので

 

画像を無料でダウンロードしているのは、photoacぱくたそを使っています。

 

最後に私が直近2019年4月の時に一生懸命作った全力動画です。

まとめ

2分台で見られる動画なので是非見てください。

 

サムネイル入れて、画像が変わる時にはハートを入れて音楽も(ショパンのノクターンを入れて・動画には文字入れ)全力です。ピアノが下手なのでこういう所でカバーですね(笑)

 

ピアノが上手い人ならサムネイル作るだけでアクセス数が全然違うので是非サムネイル作ってくださいね(*^_^*)

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

関連記事:YouTubeにピアノ動画をアップしている方へ!おすすめの2個の設定!

関連記事:YouTubeの収益化の再審査が通った方法!1年3か月広告なし!

-ピアノ勉強法

Copyright© 千葉のピアノ教室に通う男のブログ!聞く人に喜ばれませんか? , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.