ピアノが上手くなりたい。ピアノを弾くのが楽しいと思い継続しています!継続すれば必ずうまくなるはずだと信じております。本当に上手くなるのか(^_^;)最近は少し疑問もありますが、何とかまだ継続しています。もっとうまくなれたらいいですね♪

千葉のピアノ教室に通う男のブログ!聞く人に喜ばれませんか?

ピアノ勉強法

30日でピアノをスラスラ弾けるようになるには?

更新日:

ピアノを30日でスラスラ弾けるようにするにはどうしたらいいのだろうか?

 

ピアノ教材で30日でピアノを弾けるようになる教材DVDがいくつかあるので、30日でピアノを弾けるようにするにはどうしたらいいのか考えてみました。

 

30日でピアノが弾けるようになる。一体どんな方法があるのでしょうか?

スポンサーリンク

30日でピアノをスラスラ弾けるようになるには?

30日と言う期間でピアノを弾きたいというのは、30日後に何かあるということですよね。

 

例えば大切な方への誕生日プレゼントにピアノを演奏したいなどなど。そういうことですよね。

 

で、今回は初心者向けと経験者向けの2パターンでご紹介します。

スポンサーリンク

初心者が30日でピアノを弾けるようするには?

緑のカラフルな背景に音符を記載した画像

初心者の方が30日と言う期間でピアノを弾けるようになるには、色々と戦略が必要になってきます。

 

毎日時間をかけて弾ければいいのですがきっとこの記事を読んでいるあなたはお仕事をしていたり、他にやる事は沢山ある事でしょう。

 

少ない時間でさらに30日後には誰かに聞かせたい曲がある。そういう場合でも上手に弾けるようになる3つの方法。

 

1、弾く曲を決める

2、シンプルな曲を選ぶ

3、その1曲のみに絞って弾く

 

まずはこの3個です。弾く曲を選んで楽譜を決めます。色々な曲を弾くのではなく1曲に絞って弾くことがおすすめです。

 

なぜなら、簡単な曲であればあなたも30日である程度のレベルには到達できます。そして、1曲であれば少ない時間でも特化して努力を注ぐことで短期間で上達する事が出来ます。

やらない事は?

練習曲を弾くという事です。色々な「指の練習」はしないという事です。30日、毎日ピアノが弾けるわけではなく、計画をしていても時には弾けない事もあるでしょう。

 

と、考えると、色々な事に手を付けては時間が持ちません。1日弾ける時間を30分と考えて弾くと1か月で約15時間です。そんなに多くはありません。

 

色々な曲を弾いたり練習曲は省きましょう。

正しい練習方法とは?

まずは、右手、左手と片手づつ練習をしていきます。片手づつで弾けるようになったら両手弾きで合わせていきます。ここまでは大体10日位では終わらせてください。

 

そして、10日~20日は両手でも練習します。1日30分練習では、最初は右手10分、左手10分、両手10分位で良いと思います。その時に大事な事は「間違えないスピードで弾く」と言う事です。

 

間違えないスピードと言うのが重要で早く弾ける方がかっこいいいですが(間違えないで弾ける)場合の方がかっこいいです。その為、初心者の方は、ゆっくりでも間違えないで弾く事を意識しましょう。

 

残りの20日~30日は、右手7分、左手7分、両手16分と片手練習を減らして両手練習を増やしていき、本番に備えるようにしましょう。

 

そして本番前には必ず本番時に着る洋服を着て予行演習をしましょう。予行演習をする事で本番当日上手く弾けるようになりますよ。

経験者が30日でピアノを弾けるようするには?

カラフルな背景に音符を記載した画像

以前ピアノを習っていたというブランクのある方なら、30日で弾きたい曲を仕上げる事は比較的容易です。

 

以前習っていたという事でも色々なレベルはあると思いますが、主に初心者向けにしています。もちろん基礎的なことを以前に身につけていることが前提にはなります。

 

以前弾けていたのであれば、依然と同じレベルの曲を選ぶでしょう。そしてどの位まで感覚が戻るか確認する期間があると思います。1日~10日、11日~20日、21日~30日と分けてピアノ練習計画を立てましょう。

 

経験者におすすめなのが、弾き込めば弾けるという事です。

 

その為、弾き込める場所を確保するという事がおすすめで、「ピアノスタジオ」をに行きピアノをレンタルして弾き込むという事です。

 

もし電子ピアノや家で練習している場合は音漏れが気になったり、周りの事が気になってどうしても力を発揮できないと思います。家で2時間練習をするのと、ピアノスタジオで1時間練習は同じだと思っています。

 

どうせなら素敵な演奏を聞く人にお届けしましょう。

 

ピアノスタジオは、島村楽器やNOAHがおすすめです。あと借りるなら「グランドピアノ」がいいですよ。

 

練習方法に関しては、経験者と言う事で特に必要ないと思いますが30日だけピアノを習いに行くのが良いと思います。

 

久しぶりのレッスンも楽しいと思いますよ。

スポンサーリンク

どうしても弾けない場合には?

練習しても練習しても全然上手くならない、練習が飽きてしまった。どうしたらいいかわからない。そんな時に試してもらいたい事があります。

 

①簡単な曲に変える

②できれば、テンポの遅い曲を選ぶ

③その楽譜の全ての音符にカタカナでフリガナを書く

 

簡単な曲を選ぶのは初心者さんには当然おすすめなのですが、その曲選びで「遅い曲を選ぶ」と言う事です。なぜなら遅い曲程弾きやすいからです。

 

そして、その楽譜に「すべてフリガナを振る」ということです。これによって音符が読めない場合でも弾くことが出来ます。

 

その後は、片手づつ弾く、両手で弾くと言う事を繰り返してください。

 

あとどうしてもさらにレベルアップしたい場合は、単発でピアノの先生に習うという事もおすすめです。ちょっとしたコツを教えてもらうだけで随分と曲に強弱が出来て聞きごたえが変わってきます。

まとめ

30日でピアノを弾けるようにする方法をまとめると

 

1、簡単な楽譜を選ぶ

2、片手づつ練習をする

3、余計な指の練習などはしない。

 

それでも弾けない場合には、

4、曲を簡単なのに選び直す。

5、出来ればゆっくりした曲を選ぶ

6、楽譜にすべてフリガナをつける

 

7、単発でもピアノの先生に相談して、曲に緩急強弱を出してもらう。

 

この1~7をして頂く事で30日でも必ずピアノが弾けるようになると思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。ピアノが弾けたら私にも聞かせてくださいね。(YouTubeのURL待ってます♪)

 

関連記事:ピアノの楽譜を暗譜するコツ!感覚と聴覚と視覚にヒントあり!?

関連記事:ピアノの楽譜を読むのが苦手!楽譜が読めない時は?

関連記事:楽譜をみてピアノを弾くコツ!大人の初心者でも簡単に弾ける?

-ピアノ勉強法

Copyright© 千葉のピアノ教室に通う男のブログ!聞く人に喜ばれませんか? , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.