ピアノが上手くなりたい。ピアノを弾くのが楽しいと思い継続しています!継続すれば必ずうまくなるはずだと信じております。本当に上手くなるのか(^_^;)最近は少し疑問もありますが、何とかまだ継続しています。もっとうまくなれたらいいですね♪

千葉のピアノ教室に通う男のブログ!聞く人に喜ばれませんか?

ピアノ勉強法

ピアノの腱鞘炎について!手や腕が痛い腱鞘炎になったら?

更新日:

ピアニストさんのお悩みで腱鞘炎で手が痛いというお話を聞いたことがあります。

 

ピアニストさんは、なぜ腱鞘炎になってしまったのか?手や腕が痛い場合の対処方法とはどのような方法があるのか?

 

セラピストとして仕事をしている私が解説します。

スポンサーリンク

ピアノの腱鞘炎について!手や腕が痛い腱鞘炎になったら?

ピアノ演奏の画像

腱鞘炎とは、腱に炎症が起きて痛い状態です。腱とは、「骨と筋肉をつなぐ線維性の結合組織です。」炎症とは、体内の組織に損傷があり体内組織からの反応である。

 

少し堅苦しく説明しましたが、簡潔に腱鞘炎を説明すると「手や腕が痛い」状態です。

 

原因は、ピアノの弾きすぎ、変な姿勢や無理な姿勢でピアノを弾き腕や手の組織が痛んでしまった状態です。で、腱鞘炎の状態は正直まだいいです。

 

腕や手がもう限界ですよと伝えてくれている状態です。この状態は赤信号に見えますが正直まだ黄色信号で後戻りができる状態なんです。

 

腱鞘炎はピアニストに限らず、pcのキーボードを打つ職業や漫画家や作家など、手を酷使する職業に従事する人に多く見られる症状です。

 

腱鞘炎初期症状は違和感を感じる、現在の痛みがある状態は黄色信号で弾くと痛い、弾かなくても少し痛いけど「休んでいたら治りそう」という状態です。

 

この状態で対策は「休む」です。

 

無理をしなければ元の状態には戻ります。腱鞘炎になる原因は『同じ部位の使い過ぎ』なので休むことで炎症が抑えられ元の状態に戻ります。

 

ただ、使い過ぎになるとなかなか治りにくくなったり、この状態を超えると痛み止めの薬を飲むケースになったり、マッサージをしたり針を打つことになったりします。

 

結局、無理をして限界を超えているので休ませる必要があります。ピアノを弾きたければ今までの弾き方は諦め別の弾き方をしましょう。

 

特に手が小さい人などに無理をするような気がしますので、和音でああれば分散和音で弾いたり単音にしたり対応する必要があります。

スポンサーリンク

冷やすのは効果的か?

?を思い浮かべる女性の画像

それがもし明らかに手を痛めてしまったと思えるようなら、まず患部を冷やして炎症を抑えます。

 

なぜ「冷やす」ことが効果的なのか?それは、冷やすことで炎症を抑えることができるからです。よく野球選手のピッチャーが投球後に冷やしていると思いますが、あれは炎症を抑えているのです。

 

ピアノ演奏も同じでもし弾きすぎで痛い場合には少しだけ冷やして炎症を抑えましょう。

 

※ただ、冷やしすぎも逆効果になりますので、冷やしすぎには注意しましょう。冷やしすぎとは、逆に冷たくて痛い状態には決してしてはいけません。

 

温めるのが血行が良くなっていいのでは?と思う方もいると思いますが、それは「痛みがない人」の場合で元気な時とちょっと疲れがあるときのみに有効です。

 

痛みがある場合に温めると炎症がさらに反応してしまったりするので逆効果です。冷やして炎症がおさまった後にすぐに温めるのもよくありません。

 

一時的に炎症を抑えているだけで常温の方が体にはよいでしょう。

 

それでもまだ違和感があるようなら病院で診てもらったほうが良いです。きっと痛み止めを出されると思いますが、無理しないようにしてください。

演奏前にストレッチをしましょう。

ストレッチ画像

具体的にはまず練習に入る前や合間にストレッチをしましょう。

 

これは手だけでなく全身のストレッチをしましょう。ピアノは腕や足、腰をつかって演奏する楽器です。手や腕だけでなく足、腰、背中、腕、肩周りを伸ばすことで柔軟性がある音が出せます。

 

ストレッチで筋肉をほぐしてから演奏するような癖をつけましょう。ピアノの練習では自分の集中力の限界時間を把握して、限界を超えないようにしましょう。

 

個人的には60分~90分練習がおすすめです。それは、ピアノのレッスンを受ける際には60分が一番多いと思います。ピアノの演奏がうまい人は90分レッスンを受けることもあるでしょう。

 

そしてコンサートも60分~90分です。なので練習も普段から90分までにするように心がけることで本番でも時間配分が体にしみつくのです。

スポンサーリンク

まとめ

ピアノを弾いて手や腕が痛い腱鞘炎になったら、原因は弾きすぎだったり無理な姿勢で弾いているという事でしょう。

 

対処法は「冷やす」ことで炎症を押させられます。それでも痛い場合は病院に行って痛み止めの薬をもらいましょう。

 

あまり無理をしないようにしてくださいね。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事:ピアノを弾いていて腰痛になった場合の対処方法と予防について!

関連記事:ピアノ演奏は脳にも健康にもよい理由!

関連記事:手が小さい人のピアノの練習方法は?手が小さくても上手く弾くコツ

-ピアノ勉強法

Copyright© 千葉のピアノ教室に通う男のブログ!聞く人に喜ばれませんか? , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.