ピアノが上手くなりたい。ピアノを弾くのが楽しいと思い継続しています!継続すれば必ずうまくなるはずだと信じております。本当に上手くなるのか(^_^;)最近は少し疑問もありますが、何とかまだ継続しています。もっとうまくなれたらいいですね♪

千葉のピアノ教室に通う男のブログ!聞く人に喜ばれませんか?

ピアノ勉強法

ハノン39番を弾けるようにしたい!練習方法やコツは?

投稿日:

ハノンの39番を弾けるようにした方がいいとピアノの先生に言われていました。やっとハノンの1~20がだいぶ弾けるようになったので挑戦してみます。

 

所でハノン39番の音階はなぜ練習した方がいいのか?そして、どんなところを見て弾いたほうがいいのか練習方法やコツを調べてみます。

スポンサーリンク

ハノン39番を弾けるようにしたい!練習方法やコツは?

ハノン39番の画像

この楽譜ですね。ハ長調はドから始まり、右手は1234123、左手は54321321と比較的簡単です。

 

私は初めて弾いたときは、左手、右手を弾いて両手で合わせるようにしました。

 

今でこそそこそこハ長調の音階は弾けますが、弾けるようになるまでたぶん、1週間~10日かかったと思います。

スポンサーリンク

1、強弱や表現を意識する。

カラフルな背景にピアノの音符を記載した画像

4オクターブあり低音から高音に上がってくる為、音の強弱をつけることが重要らしいです。

 

低音はmp、弱くですね。で高い音は、mfなどで強く弾く弾きましょうと言われました。

 

ただ単に「弾いていれば良い」ではなく、音が上がっていくところはクレッシェンドを意識して、下がる時にはデクレッシェンドを意識する。

 

これはピアノの先生に言われて私も意識するようになりました。感謝。

ハニホヘトイロは意味がない。

ピアノハノン39対策、5度圏の画像

出典元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E5%BA%A6%E5%9C%8F

五度圏と言わる画像です。一番上のハ長調が中心になっており5度上下するごとに♯や♭が1個づつ増えるという流れのようです。

 

一応、♭は、シミラレソドファ ♯は、ファドソレラミシ と言う流れです。

 

ハニホヘトイロはドレミファソラシドですが、これだと「調の仕組みが分からない」との事です。

 

♯0のハ長調、♭0のイ短調。 ここから♯や♭が1個づつ増える方が音楽的には正しいようです。

スポンサーリンク

ハノン39はセットになっているからこの順番で練習せよ

ハノン39番のイ短調にソシャープとファとソにシャープがあるのはなぜの画像

ハノン39は、まずは、ハ長調の♯0、そしてイ短調の♭0が1ページ目にあります。

 

これは調号としてセットになっているので練習した方が良いとの事。フラット1個のヘ長調とニ短調。となっているようですね。

 

普通に♯も♭0から学び、1個、2個と1個づつ覚えていくと良いとの事です。

 

おすすめの練習方法を発見しました!

 

これは私が、「おぉ」と思った練習方法ですが、♯と♭がありますが、まずは♯と♭を無視して弾くとの事です。

 

これはいいですね!!

 

例えばハ長調は、ドレミファソラシドなので簡単でいいのですが、♭が2個ある変ロ長調(シ)だと、21231234 左手は、32143213と言う、わけのわからない指番号です。

ハノン39の変ロ長調の画像

これは♭が2個、3ページ目です。。。そこでこんなレベルですよ(^_^;)

 

まずは♭を抜きに弾く。指番号を覚えたら次にフラットを入れて弾く。

 

この2段階方式は私にとってはすごくよかったです。弾いてみる勇気をもらった気がしますね。

 

もちろん39を練習しようなんて人は、ハノンの1~20は弾けると思うので、いちいち、右手で弾いて、左手で弾いて、片手づつ練習して両手で合わせましょう。なんてアドバイスは不要ですよね。

 

そんなのわかってるって。それをわかった上で練習してさらに他の39を弾く練習方法が知りたい!という事なんですよね。

 

ただ、指番号は絶対に守るように!

 

ハノンの指番号はメロディーを綺麗につなげるための練習でもあるので、指番号は必ず守るようにとの事です。

 

指番号を守らなかったら、なんのための練習かわからないとネットに書いてありました。

他の人はハノン39をどうやって弾いている?

※この動画は他人様の動画です。YouTubeでハノン39を調べていたところ良い解説があったので埋め込ませていただきました。

 

まず音が上がるところは、適当に弾いていればいいのではなく、しっかりと盛り上げて弾いていき下がるところは音を絞る。

 

カデンツ、同じドの音でも「ハーモニーの色」が違う、音のテンションが違う、感じながら表現することで終止形が変わってくる。

 

と言われています。イメージしている事を言われていますね。

 

良い音楽をイメージしているのか、優しさをイメージしているのか、何かしらイメージしていることは伝わってきました。

 

そして音楽とはイメージで表現であるという事が伝わってきます。

スポンサーリンク

まとめ

ハノン39番の盛り上がる音階の所は音をクレッシェンドで出していき下がるところはデクレッシェンドで絞っていく。最後のカデンツも音をイメージして丁寧に表現することが重要だと学びました。

 

一気に全部覚えて弾くというより1個1個確実に、覚えて弾いていくのが良いようです。

 

そして、♭や♯がありますが、まずはそれを無視して指番号のみ優先して弾く。これが弾けるようになったら♭や♯を意識して弾くのが良いようです。

 

関連記事:ハノン39番のイ短調にソシャープがついているのは何で?

関連記事:バイエル25番をメトロノーム60から110にリズムアップして弾くコツはある?

関連記事:ピアノは暗譜する必要はある?

-ピアノ勉強法

Copyright© 千葉のピアノ教室に通う男のブログ!聞く人に喜ばれませんか? , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.