ピアノが上手くなりたい。ピアノを弾くのが楽しいと思い継続しています!継続すれば必ずうまくなるはずだと信じております。本当に上手くなるのか(^_^;)最近は少し疑問もありますが、何とかまだ継続しています。もっとうまくなれたらいいですね♪

千葉のピアノ教室に通う男のブログ!聞く人に喜ばれませんか?

ピアノ勉強法

ピアノの練習が飽きてしまう!続かない原因と続ける方法とは?

更新日:

ピアノ練習が飽きてしまってなかなか続かない事はありませんか?

 

私自身は有ります、ピアノに向かっても飽きてしまうというかやる気はあるんですが続かないんですよね。なぜ続かないのか原因を考えてみました。

 

あと私に効果があった練習方法もご紹介します。是非読んでください。

スポンサーリンク

ピアノの練習が飽きてしまう!続かない原因と続ける方法とは?

ピアノを弾く子供たちの画像

ピアノを習う時には憧れの曲が弾けるようになりたい。そんな想いから始めたと思います。

 

でも、実際は音符を読む力と鍵盤の位置が良くわからずスムーズに弾けず壁にぶち当たっている人は多いと思います。

 

で、続かない原因の1個に楽譜を読む力が弱いというのがあります。

 

楽譜が読めない。つまらない、思ったほど上達しない。だから続かない、飽きてしまう。

 

これがピアノを辞めてしまう負のスパイラルではないでしょうか?

 

ピアニストは簡単そうに弾いていますが、実は1日何時間も練習していて、極めた演奏スキルです。その為に、弾いている姿は簡単そうに見えますが素人の人が弾こうと思うと難しい、そんな現象が起きているのではないかと思っています。

 

ピアノの練習が飽きてしまう原因は「上達を感じられないから」これ以外にありません。

 

その為、ピアノを続ける一つとして「上達を感じられる事」をする。

スポンサーリンク

上達を感じられる練習方法とは?

手のひらから空に飛んでいく音符の画像

上達を感じられる練習方法とは、簡単な曲を弾く事です。

 

ついつい難しい曲を弾きたくなって挑戦したくなると思いますが、弾けない=つまらない=続かないという事になってしまうのです。

 

簡単な曲とは、自分が弾けると思う曲です。でも、私の場合ですが実際に弾いてみると違う音を弾いたり以外とミスが多いものです。

 

なんでミスをするのか?と疑問に思いますが、音符を読む力が弱かったりします。ほとんどが音符を読むスピードが遅いという事にあります。音符を数えながら読んでいるのですね。。。だから弾けない。

 

つまり、こんな簡単な曲すら弾けないのなら難しい曲になったら当然弾けなかったりしますよね。

 

で、簡単な曲でどういう練習をしているのかと言うと、譜読みです。

 

これさえできれば自然と弾くスピードも速くなって自然と難しい曲にレベルアップできると思いますよ。

趣味でピアノを弾くのか仕事にするのかでも違う

新し道の画像

趣味で練習するのであれば、簡単な曲だろうが難しい曲でもなんでもいいと思います。

 

ただ、現在つまらないと感じているのなら「曲が難しすぎる傾向があります」

 

1回レベルを落としてみて楽しく無かったら戻してみれば良いと思います。でも、レベルを落としたくないという気持ちもある人もいる事でしょう。弾きたい曲があってと。。。

 

そういう場合は「同じ曲で楽譜を簡単にしましょう」同じ曲でも楽譜が難しい場合もありますので、楽譜を変えるだけで楽しく弾ける場合もありますよ。

 

おすすめなので是非試してみてくださいね。

 

それでもどうしても今の楽譜でやりたい場合には、、、「楽譜にふり仮名をつけましょう」音符が読めないと思うので楽譜に書き込みをする。

 

最初こそ書き込みはしていても書いてくうちに覚えたりしますので結構おすすめです。中には書き込みをすると譜読み力が付かないという人もいますが、ずっと書き続けれいれば覚えますよ。

 

漢字と同じですね。漢字に読み方をつけていくと自然と覚えるのと似ています。最初は音符にふり仮名をつけるのもおすすめです。

プロを目指しているのであれば、

正直私のレベルはバイエルが楽しいレベル、ハノンは20番を現在(2019年2月)やっている位なので、言及すること自体が気が引けますが。

 

プロと言っても色々とあると思うんですよね。

 

演奏としてプロを目指すなら、プロとして活動しているメンターを見つけどういうふうに練習しているのか研究されたほうがいいような気がします。

 

または自分がどういうタイプなのか、短期間で練習する方が向いているのか、それとも長時間だらだら練習した方が上手くなるのか、あなたなりのピッタリあった練習方法を見つけましょう。

スポンサーリンク

もし、電子ピアノで練習しているのであれば。

電子ピアノを弾いている画像

普段は弾かない「アップライトピアノ」や「グランドピアノ」で弾いてみるとタッチが違ってとても新鮮ですよ。

 

大体のレンタルの相場は、都内になるとアップライトピアノで1時間1,000円。グランドピアノで2,000円位だと思います。

 

ちなみに私が住んでいる千葉だと、アップライトピアノで最安値で750円を借りています。1時間1,200円も出せばアップライトピアノは弾ける場所が沢山あります。

 

グランドピアノの場合は、最安値が1,000円、高い所でも1,500円出せば弾けます。あなたがどこに住んでいるか分かりませんがネットで検索してみてくださいね。

 

もし知らない場合は、

 

1、島村楽器 ピアノレンタル あなたが住んでいる街の地域名

2、NOAH ピアノレンタル あなたが住んでいる街の地域名

 

で、検索してみてくださいね。きっと良い所が見つかると思いますよ。

 

私自身グランドピアノをはじめて弾かせていただいた時は、ピアノスタジオではなく個人のピアノ教室でした。なんでそんな所に電話したのかと言われると知らなかったんですよね。たまたまそこが見つかって連絡したのです。

 

ちょっと驚いた感じでしたが、普通に貸してくれましたよ。(^_^;)

 

もちろん「はじめてグランドピアノを弾くんです。グランドピアノに弾いてみたくて」と伝えました。相手は、あっはい。みたいな感じで自分は拍子抜けしてしまいましたけどね。(^_^;)

グランドピアノで練習すると上達が早くなる

グランドピアノの画像

グランドピアノで練習すると上達します。ここまで道具で上達の違いを感じられたのは衝撃でした。

 

グランドピアノの場合は「楽譜を置く位置が高い」「目が疲れない」「鍵盤が軽いのに良い音が出る」。

 

その為、上手くなった気がします(笑)

 

家のアップライトピアノでは1時間も弾いたら十分ですが、グランドピアノでは普通に90分~120分位練習が出来てしまうのです。集中力が続くというか楽に弾けるため楽しいんですよね。

 

電子ピアノで2時間練習と、グランドピアノでの1時間練習が私は同じだと思っています。

 

後、家でピアノを弾くと「音漏れが」気になります。ご近所さんから文句を言われるのではないかとおもって、、、気になって弾けないんですよね。。。だから、しっかりと練習したい場合は、やはりピアノスタジオに行きます。

スポンサーリンク

まとめ

ピアノの練習が続かない練習は、「楽譜が難しすぎる」傾向があります。その場合は、楽譜を簡単にする、楽譜にふり仮名をつける事がおすすめ。

 

他には、グランドピアノで練習すると全然疲れない為、気が付いたら2時間たってたなどもあり上達も早くなりますよ。

 

ピアノレンタルは、島村楽器やNOAHがおすすめです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。ピアノ上達したら聞かせて下さいね。

 

関連記事:ピアノを弾くときの手の形は卵型がいい理由!

関連記事:ピアノを弾くときの正しい姿勢とは?綺麗な姿勢を身につけよう!

関連記事:ピアノの正しい置く場所&防音対策を紹介!湿気対策もしてね!

-ピアノ勉強法

Copyright© 千葉のピアノ教室に通う男のブログ!聞く人に喜ばれませんか? , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.